友達作りする!社会人がすべき友達の作り方

友達作りする!社会人がすべき友達の作り方

1 出会い方について

 

 

 

長続きする異性の友人を得るためには、友人としての出会い方が前向きなものである事、目的を同じくする事がおすすめです。たとえば英会話教室や料理教室、日曜大工教室などですと、共通の目的を持ち、お互いを高めあえる関係として良き出会いが得られます。技術を身に付けたいというプラスの感情から出会っているのでお互いの印象も良く、会話のきっかけも得やすいです。また、勉強の意見交換や学生時代の授業話などで話が弾む可能性があります。

 

 

 

2 出会った後にどうするのか

 

 

 

出会った後は、相手と自分の良い所を見つめ、それを活かすように会話を楽しみましょう。相手の長所を見つけ、会話のきっかけにすれば自分にもプラスの感情が返ってきます。自分に向けられたプラスの感情を受け入れる事で、自分の精神もより豊かになちます。そして会話方法ですが、相手の良い所を自分の責任で自分の言葉を以って話せば、相手の心に悪い印象は残りません。この時、第三者目線で相手を褒めるのは出来れば止しましょう。自分の責任が無い言葉で褒められては、それでどうしたいの? と疑問を抱かれる要因になります。私は貴方のこういう所に行動力を感じて凄いと思った、という風に、誰がどうしてどう思ったかをハッキリ伝えましょう。

 

 

 

3 友達が出来てもっと増やしたいと思ったら

 

 

 

さらに友人を増やしたいと思ったら、友人の友人を紹介して貰うのが一番早いでしょう。友人の兄弟親類もまた、友人の家族なのですから気が合う可能性があります。友人に似た所を持つ人ならば話も合いますし、皆で集まりやすいという長所もあります。そうやって友人関係を増やすのも良いですし、全く違ったタイプに出会いたいのならば、今まで挑戦をためらってきたような事に挑戦するのがおすすめです。体を動かすのが苦手ならば、思い切ってジムに通うのもいいでしょう。自分が苦手な分野の話を友人に尋ねてみれば、さらに仲良くなるきっかけにもなります。たとえ自分が苦手でも、友人は得意である場合は多いです。

 

あえて今まで自分が触れてこなかった事には、自分を成長させる土壌が出来上がっている場合があります。触れてこなかったのには理由があるのだとしても、苦手ならば尚の事、友人というプラスのパワーをきっかけに触れてみるのがいいでしょう。自分は頑張ってきたが、どうにも成長が頭打ちな気がする、という方にはうってつけです。前向きな気持ちで新たな事に挑めば、また別の良き友人に出会えるでしょうから。